和泉保育園では、絵本の読み聞かせや貸し出しを行っています。

毎月楽しいお話を子どもたちに提供して下さっている「おはなし屋えっちゃん」こと武知悦子さんに監修していただき、子どもたちに読み聞かせたい旬の絵本をご紹介しています。

じゃがいもポテトくん
長谷川 義史 作

おすすめポイント

八百屋さんで売られているじゃがいも一家。名前が少し変わっていてなんだかクスッと笑ってしまいます。繰り返しの場面が面白く、毎回、「悲しいお話です」と締め括られています。しかし、まさかの最後に珍事件が起こり、「あれ?悲しいお話だっけ?」と笑顔がこぼれる作品になっています。

あらすじ

八百屋さんで売られているじゃがいもたち。北の国から家族や親戚で来たようです。ところが、1人ずつ買われていってしまいます。家族が離れ離れになってしまい、悲しいお話になるはずが・・・!?最後はとても面白い展開に!